鯨書房

昨日はひどく寒かったのですが

昨日はひどく寒かったのですが、うってかわって今日は朝からいい天気でした。でもやはり風は冷たく堪えます。

昨日の市で落札したものの整理。値付けとデータアップ。入札したのは20数点はあったでしょうが、落札できたのはわずか4点のみ。金額も微々たるものです。頑張って入札しても、入札したつもりでも、落札できなかった以上入札金額が及ばなかった、ということです。入札に参加することに意味はありません。落札できて初めて意味があるのです。判ってはいるのですが、あの口は誰が落したのだろうか、と気がもめるもので、いい加減のところで諦めるように心がけています。

店の通路に積み上げてある山の整理。店頭の均一の予備の整理。売れ残った商品の整理ですから全然愉しくありません。あっというまに一日が終わっていきます。

明日は午後Nさんのところへ預かってくる品の整理に。来週の市に出品予定。市が終わるといよいよ大市会。今週中に準備万端作業は終わっているはずですが、はたしてどうなることでしょう。

 

古本高価買取岐阜鯨書房


↑クリックすると鯨書房ホームページに飛びます。

電話番号は058-294-5578

メールからのお問い合わせもお気軽にどうぞ!

 

白川静著作集など白川静の本買取いたします!

鯨書房では、漢字学者であり、古代漢字学で有名な白川静の本を

買取しております。

 

下記画像は、平凡社の白川静著作集です。

現在、30巻まで刊行されております。

こちらの著作集は特に高価買取りさせて頂きますので

ぜひ、お問合せくださいませ。

白川静著作集

 

白川静の漢字学の集大成であります、辞典三部作

字統・字訓・字通」なども高価買取りいたします。

普及版・元版どちらでも結構です。

字統字通字訓

上記の物以外でも、白川静の本、または漢字学に関する本など

宅配により全国から買取をお受けしておりますので、

処分の際はぜひご連絡くださいませ。

メールからのご連絡はこちらへどうぞ!

 

 

鯨書房は専門書・研究書など

専門性の高い本は高価買取りしております。

岐阜古本買取

 

 

古本高価買取岐阜鯨書房


↑クリックすると鯨書房ホームページに飛びます。

電話番号は058-294-5578

メールからのお問い合わせもお気軽にどうぞ!

 

午過ぎいつもご処分なさるEさんご来店

午過ぎいつもご処分なさるEさんご来店。長谷川伸全集、プーシキン全集につづいてのご処分。新編柳田國男集など30冊ほど。本は良いのだが、ものによって購入日付などの記入があるのが欠点。今日もそれが2冊ありその分を購入価格からひかせていただく。帰り際に店頭の百円均一から、岩波の古典文学大系「太平記」(函欠)揃を求めていかれる。「死ぬまでには読めるだろう」、と言いながら。「しかし、本は安いねー、また来ます」、「どうぞ、またお出かけ下さい」と応えお送りする。

3月3日・雛祭りの日の大市会の準備にとりかかる。まずは入札封筒作り。2種類の出品記号を貰っているので、それぞれ30点余、20点余作る。手品予定の荷物は別にしてあるので安心。それを良いことに、さあ来週からガンバルゾといい聞かせ、Eさんから分けていただいたものを入力。点数にすると9点ほどだがこの毎日の入力、ネットへのアップ、在庫の値段の見直し、これが肝要です。結局店と同じ。判っちゃいるんですが、この単純なことがなかなか満足にできないのが現実です。

夕方6時過ぎに横浜の公共機関より先の長谷川伸全集ご注文。やれやれと思ったのはいいんですが、この全集もう一組在庫しているのに気づきました。こちらも速く売れてくれることをねがいながらメールに返信。在庫二つの内ご注文いただいたのは、価格の安い方でした。ヤッパリ。

 

古本高価買取岐阜鯨書房


↑クリックすると鯨書房ホームページに飛びます。

電話番号は058-294-5578

メールからのお問い合わせもお気軽にどうぞ!

 

戦前台湾・朝鮮の警察関係資料

戦前台湾・朝鮮の警察関係の資料が入荷いたしました。

警察関係資料

「自啓 七十二・八十四号」

朝鮮警察協会京畿道支部、昭8・9、2冊

「警友 十二年十二号・十三年八・九号」

新竹州警察文庫、昭9~10、3冊

 

鯨書房では、

満洲・朝鮮・台湾などの旧植民地関係資料・書籍・古地図・写真 ・絵葉書

などを高価買取りしております!

 

旧植民地の資料等は、国内に現存する数が少ないため

大変貴重なものがあります。

 

ご自分で処分等なされず、鯨書房までご連絡くださいませ。

満洲・朝鮮・台湾などの旧植民地関係の本や資料の買取は

鯨書房までどうぞ!

 

 

(こちらのブログで掲載している商品は、店舗・インターネット等で販売しております。

お客様の閲覧時には売り切れている場合も御座います。予めご了承ください。)

 

古本高価買取岐阜鯨書房


↑クリックすると鯨書房ホームページに飛びます。

電話番号は058-294-5578

メールからのお問い合わせもお気軽にどうぞ!

 

朝から火曜日の市で落札したものの整理

朝から火曜日の市で落札したものの整理、値付け。2,3冊欲しくて入札した大山の口、わずかではあるが線引きがある。線引きだけかと思っていたら、妙なところに書込みもあり、消すのに半日がかり。この書込み「骨肉」、「盤嶽」に「こつにく」、「ばんがく」とルビをふった書込み。おそらく旧蔵者は若い方ではなかろうか、と思わせる。それにしても、かなりな渋好み。学術書、文学評論、荒畑寒村、澁澤龍彦・・・。値付けをしながら、若い方か老人だろうか、と想像する。しかし、この手の本の値崩れたるやヒドイもので、ゆうに10倍から20倍のひらきがありこれで儲かるのだろうか。

同じく市で落札した警察協会の雑誌の整理、値付け。こちらは戦前のものだけに値付けの愉しみがある。たださきの口とちがって、虫損、鼠損、シミなどがひどく閉口する。警察官だったろう人の旧蔵品だろうが、保存状態がよろしくない。なるべくキレイなものを扱いたい、と思っているのだが、致し方なしか。糊を入れたり、アイロンをかけたりで、こちらも2時間ほどかかってしまう。

午過ぎに赤蕪を持ってFさん来店。早速近場のコメダにて一服。コーヒーが美味しくて行くわけではなく、近くに喫茶店がなくなったせいで仕方なく。店内は広いのだが、老人連も多くかなり喧しい。今度Fさんがみえたら、別の喫茶店へ行こうと、話しながら店へ。

整理、値付けした30点ほどを日本の古本屋にアップして、閉店。ご苦労さまでした。

 

古本高価買取岐阜鯨書房


↑クリックすると鯨書房ホームページに飛びます。

電話番号は058-294-5578

メールからのお問い合わせもお気軽にどうぞ!

 
Copyright© 2013 鯨書房 All Rights Reserved.