鯨書房

Home > 古本屋のひとりごと > 朝から終日雨

朝から終日雨

2013年1月14日

朝から終日雨。3連休の最後の1日で、はたしてお客さんがあるだろうかと危惧しつつ開店しました。いつもどおり日本の古本屋からの注文に対応しているところへ、羽島市のお客さんより電話。小沢昭一「ものがたり 芸能と社会」のご注文。在庫を確認してお伝えすると、午後2時ころ来店とのこと。雨の中をわざわざありがたいことです。午後2時ころとのことでしたが、12時半すぎにご来店されました。小沢昭一の他に川柳関係を3冊お求めになり、「また、来ます」と帰っていかれました。店の表の100円均一をいくらですかと聞かれ、みんな100円です、と答えると、ひどいねー、もったいないねー、との返事が返ってきました。もったいないとは思いませんが、「ひどい」状況であることは確かでしょう。

午後3時過ぎに常連のHさんご来店。今年はじめてですので、まずは新年のご挨拶。ダミ声で少し風邪気味のようでしたが、いつもと変わりなく冗談を言い合っているうちに、2冊求めていかれました。「大橋翠石」「山本芳翠」の2冊。Hさん歳はお若いのに買っていかれる本はかなりの渋好み。しかも、その探される分野が多岐にわたっています。店のスミからスミまでご覧になります。今日買っていかれたのも一昨日補充したものでした。「また、何か入ったら教えて下さい」と辞去されました。

おふたりの他にお見えになったのは、表の100円均一のお客様ばかりでした。

明日は、名古屋の市。出品状況もメールに添付した画像で判ります。少し下調べをして出かけます。雨が止んでくれるとありがたいのですが。

 

古本高価買取岐阜鯨書房


↑クリックすると鯨書房ホームページに飛びます。

電話番号は058-294-5578

メールからのお問い合わせもお気軽にどうぞ!

古本屋のひとりごと

コメントは停止中です。

Copyright© 2013 鯨書房 All Rights Reserved.