鯨書房

Home > 古本屋のひとりごと > 朝から来週の市に出品する荷物づくり

朝から来週の市に出品する荷物づくり

2013年2月1日

朝から来週の市に出品する荷物づくり。本や紙類と仕分けていくのが一苦労。出品したもののヒキでは意味がないので、組み合わせなどに気を使う。それでも、夕方5時過ぎにはひと通りの作業終了。先週の市のほぼ倍くらいの点数、量となる。作業を進めていく中で3点は3月の大市会の方へまわす予定にして、倉庫へ。

出品準備中にK高校の校友会誌を見つけのぞいてみると、業界の先輩の文章発見。おそらく二十歳ころの文章ではないかしら。早速奥様に電話連絡。今まで見たことない、とのこと。差し上げることを約束。

店の中で作業している内に来店されたお客さんは、なんとお二人のみ。ヒマです。昨日でもう一月も終り、今日から二月。こんな調子で今月はすぎていくのだろうか。もっとも、ヒマなのには慣れっこになっているんですが。

 

古本高価買取岐阜鯨書房


↑クリックすると鯨書房ホームページに飛びます。

電話番号は058-294-5578

メールからのお問い合わせもお気軽にどうぞ!

古本屋のひとりごと

コメントは停止中です。

Copyright© 2013 鯨書房 All Rights Reserved.