鯨書房

Home > 古本屋のひとりごと > 午後1時の約束でGさん宅へ

午後1時の約束でGさん宅へ

2013年1月17日

 

午後1時の約束でGさん宅へ。箱詰めしたのやら紐からげのやら、ほぼ車に半分ほど預かってくる。地図やポスターや、紙類に本。来週の担当の市に出品の予定。多分20点ほどの出品になるだろうか。3月には大市も控えているので点検・準備の段階で大市へまわすものもでてくるだろう。愉しみである。

Gさん宅を辞し、J書房へ寄り道。店頭の百円均一も魅力なし。前はかなりのものが百円均一に混じっていたのだが、最近はトント見かけない。学会やベストセラーばかり。

店を覗いて、それでも1冊購入。

4時過ぎにI市のTさん伝票作成の件でご来店。先日届けた資料の伝票の明細について指示していただく。ほぼ500点くらいを10点に分け、値段はそちらで付けてほしい、とのこと。早速パソコンに向かい伝票づくり。Tさんに持って帰っていただく。こういう作業はやはり楽しい。かれこれもう20年くらいのおなじみさんだから、心得たもので冗談の一つもとばしながら、お帰り。さて次回の伝票作成はいつだろうか。

日本の古本屋よりご注文いただいた分へのご返事、入金確認後の発送と、いつものどおりの仕事が終わったのが5時。やれやれと腰を伸ばしレジを閉め帰宅。年末に比べいくらか温かいのがありがたい。

 

古本高価買取岐阜鯨書房


↑クリックすると鯨書房ホームページに飛びます。

電話番号は058-294-5578

メールからのお問い合わせもお気軽にどうぞ!

古本屋のひとりごと

コメントは停止中です。

Copyright© 2013 鯨書房 All Rights Reserved.