鯨書房

Home > 古本屋のひとりごと > 僅かな荷物を積んで

僅かな荷物を積んで

2013年1月12日

僅かな荷物を積んでI市のKさんを訪ねました。おひる頃店を出ました。時分時を外してのお邪魔です。段ボール箱4箱ほどですので大したことはありません。中身も軽い物ばかりで作業は快適です。

事務所に顔出しし持参した商品の陳列、説明。2時間ほどで終了しました。伝票の作成指示をおねがいして、商品はそのままに辞去しました。

ちょうど小腹の空いたところでしたので、近くのレストラン兼喫茶店に行ったのですが本日休業。ここの海老フライは美味かったのですが。それではと30分ばかり先の中華料理屋さんに車を走らせました。やってない? と尋ねるのに、店の前で遊んでいた幼児が二人、もう閉まってるよ、とのつれない返事です。ついていません。

もうこの辺で知っている店はありません。おかしなもので、一度入ったことのある店か、名前だけでも聞いたことのある店でないと、なかなか入る気になりません。かなり店に近づいて、環状線沿いのK苑を見つけました。創業昭和29年、ラーメン290円の店です。290円のラーメンはやめにして、半ちゃんチャーハン、餃子で昼食としました。さすが4時近い時間です。他にはお客さんは見えませんでした。量はともかく、値段の割には良いほうでしょう。

30分ほどして店に帰りつき、あれやこれやと片付け、一日の終りを迎えています。毎日がこんな一日の繰り返しです。明日は定休日。さて、どうしましょうか?

 

古本高価買取岐阜鯨書房


↑クリックすると鯨書房ホームページに飛びます。

電話番号は058-294-5578

メールからのお問い合わせもお気軽にどうぞ!

古本屋のひとりごと

コメントは停止中です。

Copyright© 2013 鯨書房 All Rights Reserved.